子宝婦人病相談

子宝婦人病と漢方

漢方/中医学は、伝統的に婦人病を得意としてきた長い歴史があり、確かな不妊症へのアプローチがあります。とりわけ心と体のバランスを重視し、生活養生&食養生を大切に考え、妊娠しやすい体づくりをすることに重点がおかれています。近年、西洋医学との融合により、より不妊症に対しての信頼度も増しています。

漢方/中医学によって、子宮、卵巣の働きや性ホルモンのバランスを良くするだけでなく、健康な体づくりを助け、血行を改善して体調を整え、精神的にも安定させることで、不妊症・不育症に対して大きな成果をあげてます。

また高齢出産においても、体質改善によりからだを「若返らせる」ことで、基礎体力が高められ、卵巣の若返りやホルモンの分泌、子宮内膜の状態を良くすることで、十分に妊娠の可能性を高めることが出来ます。

さらに、月経不順・月経前緊張症候群・月経痛、冷え症をはじめ、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫、不妊症、更年期障害等、女性特有の疾患について、タイプ別に体質を調整、改善のご提案を致します。

女性のための漢方薬

不妊症や婦人病でお悩みの方におすすめしたい漢方薬をご紹介します。

《当帰(とうき)を主成分とした漢方薬:婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)》

当帰(セリ科トウキの根)は、不妊症改善の重要な漢方生薬であり、体力向上や貧血改善や補血作用はもちろん、特に女性ホルモンの働きを良くし、骨盤付近の血流を改善する力が優れていると言われています。